タグ別アーカイブ: 身体

緊張性筋炎症候群(TMS)の考え方

緊張性筋炎症候群(TMS)という言葉を知っているでしょうか?
少し長いブログになりますが、出来るだけ最後まで読んでください

John E.Sarno(サーノ博士)が提唱した一般的な腰痛等の原因とは違った観点を持ったものです
一般的に腰痛とは脊柱とそれに関連した組織の損傷や異常、またはそういった組織の周辺にある筋肉や靭帯の異常(構造的異常)で起こると信じられていますが
実際はそれだと説明がつかない腰痛が多々存在しているのです

それに対してTMSは痛みの原因は心の問題と捉える事で今まで説明が出来なかった腰痛症を解決出来るようになったのです

“心の緊張が筋肉に痛みを伴う生理的な変化を与えている”

簡単に言えば、患者さんが自分の抱えている問題を自覚する事で腰痛が治るというのです
とは言ってもそれを自覚している人は少なく、自覚しようにも出来ないから問題なのです
その心の問題を治療者が身体を調べる事で見つけ出します
何故身体を調べる事で見つけれるかというと
心の問題が症状として身体に現れるからです

どういった部分に症状がでるか
①筋肉
腰から臀部、首と肩、背中それぞれの箇所に痛みを感じる
どの場合も「両臀部外側または全体」「腰のくびれ部分」「上部僧帽筋(肩上部)」の三ヶ所に圧痛があります
②神経
座骨神経、腰神経、頸神経、腕神経叢等
③腱や靭帯

心の問題とは
・無意識下の劣等感や自己愛、抑圧された不安や怒り等です
内面に隠れた強い感情は表面に現れようとしますが、それを拒む心も存在しています
その心の防衛手段が身体に痛みを出す事です
身体に痛みがあれば感情への注意を逸らす事に成功します
内圧された感情が強ければ強いほどに痛みも強くなります
「上のように下も然り」と同じように、「内のように外も然り」とも言えそうですね
そして、痛みが起こる事で動きが制限され、制限していないとまた痛みが起こるのではないかという疑心も防衛手段の一つです
身体に症状が出れば心の奥に内在された恐怖や”嫌”な感情に直面しなくて済みます
稀に激しい感情が内在している時はそれに近づくとパニックに襲われる事もあるそうですが、大抵の場合は心が怒りや不安に対して過剰に反応しているだけで、そもそも防衛する必要がないそうです
そういった時は、感情に気づくだけで痛みは無くなります
ただ痛みがあるというだけじゃなく、何をしようとしたら痛むのか、どういった時に痛みが強いのか、そのせいで何が出来なくなっているのかを考えてみるのもいいかもしれませんね

では、どのように心の問題が身体に現れるかですが
まず順序立てていくと
1、自律神経の異常
自律神経が異常(今の所)を起こす事で患部への血流量を減らす
2、酸欠
血流量が減る事により酸素量も減り、痛みや痺れ、麻痺、筋力低下という症状が出る
といった感じになります
ただ、何故自律神経が異常を引き起こすのかがまだわかりません、いつも的確な判断を自動で行っている自律神経ですが、人にとって心の痛みよりも身体の痛みの方がマシという事なのでしょうか?
それとも別の何かしら理由があるのでしょうか?

こういった症状に対しての効果的対処法は
まず1番は自分自身で何が起きているのかを理解する事です、症状ではなく心の中で起こっていることです
それ以外にはマッサージ等の手技療法も一時的には有効です

問題はTMSの患者が自分がTMSだと認めにくい事
何しろ、痛みや何かしら不快な症状が出ている身体には全く問題はなく、一見何の問題も無いと思っていた心の方に問題があると言われてもピンときません
更に心が弱いと思われることやそれを認めることをそのプライドが邪魔をします
よくよく考えてみれば当てはまる事はいくらでも見つかりそうなものですが、特にTMSを発症する方は責任感の強い方も多く、強くなくてはいけないと「べき思考」を持っている事が多いのです
それ故にサーノ博士はこの療法は”藁にもすがる思い”の人じゃないとなかなか受け入れられないと書いています
何をやってもダメだった、もう何でもいいから何とかしてくれって風にならないとなかなか実行出来ないそうです

そしてそういった患者が今の時代に大多数います
「自分が」「私が」という個人の主張を重視する世の中、皆んなでというよりも一人のヒーローに憧れる時代では個人の求める在り方に強い責任が伴ってくるのでしょう
プライドが強くなり、弱さを認める事が怖くなり
それが余計にTMSを発症させます

再度確認しますと、誰もが怒りと不安を発生させ、完全主義や脅迫観念傾向が強ければ強いほどそれは多くなります
誰もが持っているという事実の認識
そして身体ではなく心に目を向ける習慣を持つこと
当面の心配事、以前から頭を悩ませている家庭問題や経済的問題、苛立つ理由、その他にも心にしまいこんでいる全てに注意を向けましょう
目を向ければもう隠せません
身体の痛みというトラップが必要無くなってしまいます

他にも脳に直接話しかけるという手法もあります
「今この気持ちを我慢するつもりはない」と話しかけるのです
自分の脳を客観的に捉え、自分が主導権を持つといいです

痛みが消えるまでに2〜6週間程かかる事がほとんどですが、それは潜在意識の変化にはそれだけ時間を要するからです
潜在意識がコロコロ変わる様な事があったら人の行動ははちゃめちゃなものになっていまいます^^;

そして意識を変えたのなら次にやらなくてはいけない事があります
それは、元の様に身体を動かすことです
恐怖心を克服する必要があります
どんどん痛みが出ていた動きを行うことです
もうお分かりの様に痛みが出ていたのは身体に問題があったからではなく、心に問題があったからです
もう心の問題は取り払われました、身体には問題がないのです

あのスヌーピーが言っていました
「心の問題から気持ちをそらそうと思ったら、身体がちょっぴり痛むだけでいいんだ」
スヌーピーはどれ程までに心と身体の関係について理解していたのでしょう
彼はただの人気犬ではなく、プーさんと同じ様に偉大な哲学者だったんですね^^

もう一つ大切な事があります
これまで行ってきた、継続している身体に対する治療を一切やめる事
痛みの本来の場所が心だから身体でどうこうしようとしている時点で意識がズレている事になってしまいます
困った事になってしまいました、まさか自分を追い込む様な事を書いているなんて。。。
まぁ、あくまでTMSの場合です
身体の操作で痛みが取れる事が多々あります
ぶり返す事がない場合もあります
なのでここは一つの考え方として認識して貰えればと思いますが
TMS的には手術や薬はもちろんマッサージや鍼灸、理学療法等も不要という事です
不要な事を理解した上でリラックスや疲労回復、気分転換、健康維持目的であればいいかもしれないですね^^;

TMSかもしれない人は毎日確認してほしい項目があります
出来れば寝る前に以下の項目を声に出して読むといいかもしれないですね
・痛みは構造異常ではなくTMSのせいで起こる
・痛みの直接原因は軽い酸欠である
・TMSは抑圧された感情が引き起こす無害な状態である
・主犯たる感情は抑圧された怒りである
・TMSは感情から注意をそらすためだけに存在する
・背中も腰も正常なので何も恐れる事はない
・それゆえ身体を動かす事は危険ではない
・よって元の様に普通に身体を動かさなくてはならない
・痛みを気に病んだり怯えたりしない
・注意を痛みから感情の問題に移す
・自分を管理するのは潜在意識ではなく自分自身である
・常に身体ではなく心に注目して考えなければならない
この毎日の潜在意識への刷り込みを2〜6習慣続けるといいです

例えヘルニアがあろうが、痛みの原因は心です、
ヘルニアがきっかけになっているだけでそれ自体が問題そのものではありません
※追跡調査によりCTスキャンで椎間板ヘルニアと認められた患者の内88%(96人)が痛みが無くなり10%が痛みの軽減を自覚し、変化が無かったのはわずか2%だけだったという

狭窄症だろうが側湾症だろうが関係ありません
そして今までの生活を変える必要もありません
ただ、心の中に何かに対する怒りがある事
それが何かを、怒っているという事実を認める事でいいのです

注意していただきたいのが
第二次疾病利得とは違うという事です
疾病利得とは病気や痛みを発する事で何かしら得を得る事により、無意識にその病気でいる事を求めるというものです
そういった傾向の人もいるにはいますが、利得を見るだけではTMSの原因となる抑圧された感情が無視される事になり、完全なる治癒にいたらない様です

今までの構造的異常で身体に問題が起こっていたと思われていた診断名であり、
必ずしもそれが原因で問題が発生していたわけではないものの例
・椎間板ヘルニア
・脊柱管狭窄症
・神経根圧迫
・ファセット(椎間関節)症候群
・脊椎関節炎
・腰仙移行椎
・脊椎分離症
・潜在性脊椎破裂(二分脊椎)
・脊椎滑り症 ※注1
・脊椎側弯症
・変形性股関節症
・軟骨軟化症(変形性膝関節症)
・踵骨棘
・繊維筋痛(慢性の痛み、抑うつ状態、睡眠障害、朝のこわばり)
・滑液包炎
・腱炎
・尾骨痛
・神経腫(モートン病)
・足底筋膜炎
・多発性単神経炎
・顎関節症候群
・炎症(実際に怪我や病気等があった場合を除く)

※注1
腰痛患者と健常者のX線写真を比較する事で腰痛患者に脊椎異常が多く見られるならそれが痛みの原因だろうというリサーチ結果
両者の変形性脊椎症、腰仙移行椎、潜在性脊椎破裂、脊椎分離症の検出に差異は認められなかった
ただし、脊椎滑り症に関してはわずかな有意差が認められた為、それを例外としてそれらの脊椎異常が腰痛の原因にはなりえないという結果が出た

長くなりましたが以上の様にTMSというお医者さんやセラピスト泣かせの理論も世の中に存在していて
それで良くなっている人がたくさんいるのも事実です
私たちセラピストが求める利得とは
「生活する為のお金を頂く事」である前に「目の前の人が”あらゆる面で健康”である事を望むこと」です
※個人的な意見なので他のセラピストは知らないです^^;
自分に不利な情報だろうと、それで誰かが健康になる助けになるのであれば
それはそれで良しと思えばいいですね^^

恐らくこのTMSは色んな方に受け入れられにくい理論かとは思いますが
私には納得できる理論でしたので紹介しました^^

今すぐ予約する
朝ヨガの予約はこちら↓↓
朝ヨガ予約する
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
タイ古式マッサージ、バリニーズアロマオイル、内臓デトックス・チネイザン、クラニオセイクラルセラピー、リフレクソロジー、タロット占い
asian relax WaiTea
アジアンリラックス ワイテァ
福井県鯖江市日の出町1-10
JR鯖江駅徒歩3分
0778-67-2098
出張中等で電話に出られない事もあります
info@asian-relax.fukui.jp
24時間WEB予約   友だち追加

足の痺れが頭で取れた

先日両ももの外側から膝にかけて若干痺れの様な違和感を感じていました
何か嫌な感じ、と思っていましたが、足を動かしても腰を動かしても変化の兆しを見せませんでした

そんな時にシャワーを浴びて頭を洗っている時に、何かしらいつもよりも頭の感覚がぼやけてるなって感じがしました
シャンプーしてる時、もっと気持ちよかったような、刺激をしっかり感じれていたはずなのにあまり感じませんでした

そしてシャワーから上がり椅子に座り、テーブルに肘を載せて両側頭部(鱗状縫合)に指を添え頭頂骨を軽く引き上げてみると
なんとすごく心地よく、頭の感覚が戻ってきました
頭の感覚が戻って良かったと思っていたら、次立った時に気が付きました

足の違和感も取れている、、、

側頭骨と腸骨は関連し合っていると言われていますが、
側頭骨の歪みが腸骨を歪め、大腿部外側に違和感を出していたのかもしれません

これは面白い発見というか体験をしたなと思いました

そしてもしかしたら坐骨神経痛も同じように頭部からの調整、または頸部や足首からの調整で良くなるかもしれないと可能性が沸いてきました

という事で最近初めて坐骨神経痛らしきものを感じていたのでやってみました
調整したのはかかと内側部です
内果の裏っかわに圧痛点があったのでそこら辺を調整してみたら圧痛点が消えました
立ってみたらなんと坐骨神経痛らしきものもなくなりました

これはまたまた面白い発見でした

他にも何かしら症状起こらないかなって期待して待ってます^^

今すぐ予約する
朝ヨガの予約はこちら↓↓
朝ヨガ予約する
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
タイ古式マッサージ、バリニーズアロマオイル、内臓デトックス・チネイザン、クラニオセイクラルセラピー、リフレクソロジー、タロット占い
asian relax WaiTea
アジアンリラックス ワイテァ
福井県鯖江市日の出町1-10
JR鯖江駅徒歩3分
0778-67-2098
出張中等で電話に出られない事もあります
info@asian-relax.fukui.jp
24時間WEB予約   友だち追加

熱中症対策

もう梅雨明けした所もあるようですが
熱中症には気を付けてください

毎年毎年同じように注意喚起を行っていますが
自分は大丈夫という過信が危険です
※絶対大丈夫って笑ってる人は大丈夫かもしれないですが^^;

熱中症の時には水だけを飲んでもダメです
脱水時には水分と一緒に体内の塩分も排出されます
この状態で水だけを飲んでしまうとどうなるか
体内の塩分濃度が薄まり、身体はそれを調整する為に自発的脱水という事が起こします
そうなると結局摂取した水分は排泄されてしまい症状が改善されません
水分補給

そうならない為に夏場発汗後に水分を取る時は適度に塩分も補給する必要があります

目安は1リットルの水に対して2グラム(ティースプーンで半分くらいです)
ちなみに腸管内にブドウ糖があると塩分吸収がスムーズになるので、糖分も少し摂っておくといいですね

熱中症の症状と処置
・「筋肉痛」「手足のこむら返り」「筋肉のけいれん」の症状が出たら生理食塩水を補給しましょう
・「めまい」「倦怠感」「嘔吐」「悪心」「頭痛」の症状が出たら経口補水液(薬局とかに売ってます)を摂取しましょう
・「高熱」「意識障害」「ふらつき」「言語障害」の症状が出たら慌てず迷わず救急車を呼びましょう

まだまだこれからが夏本番です
暑さに負けないように!冷房の寒さに負けないように
季節を乗り切っていきましょう!!^^

今すぐ予約する
朝ヨガの予約はこちら↓↓
朝ヨガ予約する
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
タイ古式マッサージ、バリニーズアロマオイル、内臓デトックス・チネイザン、クラニオセイクラルセラピー、リフレクソロジー、タロット占い
asian relax WaiTea
アジアンリラックス ワイテァ
福井県鯖江市日の出町1-10
JR鯖江駅徒歩3分
0778-67-2098
出張中等で電話に出られない事もあります
info@asian-relax.fukui.jp
24時間WEB予約   友だち追加

腰が痛い時は腹筋を鍛えろ!?

腰痛に悩まされていて、背中の筋肉(脊柱起立筋)の張りが強い時

「腹筋が弱いから後ろに反ってしまい、腰痛が起こるのかもしれない。なので腹筋を鍛えてください」

と言うセラピストやマッサージ師は少なくないと思います

私も昔は同じように考えていました
「腹筋を鍛えた方がいい」と伝えた事もあったと思います、、、

身体には屈筋と伸筋というお互いに拮抗する拮抗筋というものがあります
背中の伸筋に対する屈筋がお腹の筋肉
だから、伸ばそうとする力に対して抑えようとする屈筋を鍛えればそらされる事が無くなるのではないか?

ただ、よくよく考えてみると何か違和感があります

例えば、前傾姿勢を治すために伸筋である背中の筋肉が働いていたとしたら
そこに腹筋を鍛えて強くしたとしても、前傾姿勢を直さない事には前傾姿勢での負荷+腹筋分の負荷が余計にかかってしまうのではないだろうか??
余計に頑張れば余計に力が入り、余計に硬くなる
腹筋がついている人だって腰痛持ちはいるんです

背筋への負荷

マッサージや道具で張った筋肉をほぐす事は出来るかもしれません
一時的に痛みが取れる事もあるかもしれません

でも、姿勢を変える事が出来なかったら結局はまた同じように筋肉は張り、痛みが出ます
なので根本的にはやはり自分の行動や癖を改善する事が大切です
もしくは、一時的でもいいので力を抜くこと、抜ける姿勢をつくる事が大切です

そうは言っても仕事上なかなか治せない、どうしようもないという方は
私たちセラピストがその度にお手伝いさせていただきます^^

今すぐ予約する
朝ヨガの予約はこちら↓↓
朝ヨガ予約する
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
タイ古式マッサージ、バリニーズアロマオイル、内臓デトックス・チネイザン、クラニオセイクラルセラピー、リフレクソロジー、タロット占い
asian relax WaiTea
アジアンリラックス ワイテァ
福井県鯖江市日の出町1-10
JR鯖江駅徒歩3分
0778-67-2098
出張中等で電話に出られない事もあります
info@asian-relax.fukui.jp
24時間WEB予約   友だち追加

骨盤を閉めるって言うけれど。。。

なんか皆さん骨盤を引締めようって頑張っている方も多いですが
閉めよう閉めようと閉めてばかりではいけないです
そもそも閉まっている人ですら閉めようとする流れになってます

骨盤も開閉があります
呼吸に吸気があれば呼気がある様に
骨盤も一日の中で開いていく時、閉じていく時があります

大切なのは動きがある事

閉じてばかりだとそれだけ締め付けも強く苦しいし
開いたままだとボッとして力が入らないかも

でもリラックスする時は開いてるくらいの方がいいし
活動する時は閉じているくらいの方がいい

だから、例えば閉じなきゃいけない時に開いている人にはそのタイミングで骨盤を閉める様に行動するのはいいと思う
けれど、閉めれば痩せるとかそういった考えで閉めてばかりいないようにしましょう

骨盤が閉めれば結果的に骨盤が前傾気味になりますので仙骨が浮いてきます
仰向けで仙骨や尾骨が床に当たって痛い人はもしかすると
姿勢が悪いか、骨盤閉めすぎの要素もあるかもしれないです

まずは自分がどういったタイプの骨盤をしているのか
どういった姿勢をしているのかを理解した上で
初めて改善する運動を行う様にしましょうね^^

今すぐ予約する
朝ヨガの予約はこちら↓↓
朝ヨガ予約する
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
タイ古式マッサージ、バリニーズアロマオイル、内臓デトックス・チネイザン、クラニオセイクラルセラピー、リフレクソロジー、タロット占い
asian relax WaiTea
アジアンリラックス ワイテァ
福井県鯖江市日の出町1-10
JR鯖江駅徒歩3分
0778-67-2098
出張中等で電話に出られない事もあります
info@asian-relax.fukui.jp
24時間WEB予約   友だち追加

姿勢を正すのはいいのだけど。。。

最近いらっしゃるお客様の多くが

反り腰です

皆さん姿勢を正す為に背筋を伸ばすといいとはわかっているのです
冬に丸くなって猫背気味だから背骨を伸ばそうとしているのです

ただ、頑張って伸ばすのはいいのですが
頑張り過ぎて

反り腰になっちゃっています

それで腰痛が出ている可能性がある方も少なくありません

背筋は頑張って伸ばさなくていいので

逆に

楽に落としてみてください

意識を上に上にあげるのではなくて

意識を腰に腰骨に合わせてみてください

伸ばそうと頑張ると反り過ぎるし
力を抜くと背中が丸くなってかえって腰痛になる
だいたい伸ばそうとしている時点で力が入ってますので、筋肉が硬くなって痛みを発します
中心が定まっていない状態で力を抜くと、大抵の場合は仕事柄の癖で前傾姿勢になって
背中が丸くなります
前傾姿勢だって身体が倒れない様、支える為に筋肉が硬くなっています
けれど、意識を腰に合わせて
腰が楽になる様に姿勢をとってみたらどうでしょう??

頭の位置は前過ぎず、腰も無理に反っていない
楽になりませんか??

今まで意識を向けた事が無いとなかなか中心を見つけられないかもしれません
こう動かしたいという意図があったとしても体の動かしかたがわからないかもしれません
なので、なんでも一瞬で解決できるとは思わないでくださいね
意識をコントロールして、中心を探る感覚を身につけて、身体の動かし方を覚えて
始めて姿勢を整える為の準備が出来ます
でも難しく考えないでください
簡単な事をするだけで出来る様になりますのでそれを続けるようにしてください

中心の見つけ方がわからない方、どう動かすエクササイズをしたらいいのかわからない方
きっと多いと思います
そんな時は私もお手伝いできると思いますので気軽に聞きにいらしてくださいね^^

今すぐ予約する
朝ヨガの予約はこちら↓↓
朝ヨガ予約する
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
タイ古式マッサージ、バリニーズアロマオイル、内臓デトックス・チネイザン、クラニオセイクラルセラピー、リフレクソロジー、タロット占い
asian relax WaiTea
アジアンリラックス ワイテァ
福井県鯖江市日の出町1-10
JR鯖江駅徒歩3分
0778-67-2098
出張中等で電話に出られない事もあります
info@asian-relax.fukui.jp
24時間WEB予約   友だち追加

感情というエネルギー

この世の中はエネルギーの振動に寄って全てが成り立っています

人の身体やその他の物質もエネルギーの振動と集合に寄って形成されているし
そうなると、物質以外の感情や念にもエネルギーの振動があっておかしくないと感じます

水を想像してみてください
循環された水はいつまでも腐らずに綺麗なままです
綺麗なままでいる為には循環が必要なんです
そこに例えば腐った水が混ざってくるとします
そうするといくら循環された水といっても濁ってしまいます
どこかで濾過して、排出する必要があります

また、循環が何か障害物で塞き止められてしまうとします
循環を失った水は次第に濁り始めてきます

濾過されない水や循環を失い始めた水はどうなるでしょうか?
早く濾過しないともしかしたら腐った水がどんどん広がってしまうかもしれません
循環を戻さないと全体から悪臭を放つようになってしまうかもしれません

腐った水を食品や薬等の摂取物やストレスの事
障害物を不自然な姿勢や事故だと考えてみましょう

濾過が正常に作動しないと添加物や毒物が体内に蓄積され、それ自体が障害物にもなってしまいます
大抵の場合濾過が間に合わない程の勢いで次から次へと体内への侵入を許してしまいます
また、不自然な姿勢により循環が悪くなれば濾過機能自体の低下があるかもしれません
体の中に蓄積された汚れは感情として現れてきます
嫌な思いをした時に誰かに当たってしまう事はないでしょうか?
悲しい時に正常な判断は下せるでしょうか?

そして感情はエネルギーの振動の為、周りにも影響を与えます
イライラした人が周囲にいると嫌な感じがしたり、
悲しんでいる人がいたら同情したりしてしまうかもしれません

感情はエネルギーの振動ですが、
あくまで臭いでそれが本体ではありません
本体は体内に侵入した毒性のエネルギーであり、
どこかに蓄積されたエネルギーの親玉がいるはずです(大抵は内臓)
その親玉を見つけて排除か浄化しない事には、臭いに蓋をして隠す事は出来ても解決はしませんので
どんどん体内で成長していってしまいます
成長すれば当然毒性ですので体を蝕んでいきます
病気ですね

毒物が体内に入ってしまったら排出をしないといけませんが、
その排出を手伝えるのが薬膳や漢方であったり、チネイザン(腹部調整マッサージ)です

チネイザンがネガティブな感情もデトックス出来るというのはそういった理由もあるのです
そもそも毒物が体内に入ってこない様に心掛ける事も大切です

クリーンな身体からはクリーンなエネルギー振動が起こる為、
健康で感情的にも穏やかで優しい影響を周りにも与えるかと思います

ちなみに、当店でもチネイザンは受ける事ができます^^
メニュー表へ

今すぐ予約する
朝ヨガの予約はこちら↓↓
朝ヨガ予約する
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
タイ古式マッサージ、バリニーズアロマオイル、内臓デトックス・チネイザン、クラニオセイクラルセラピー、リフレクソロジー、タロット占い
asian relax WaiTea
アジアンリラックス ワイテァ
福井県鯖江市日の出町1-10
JR鯖江駅徒歩3分
0778-67-2098
出張中等で電話に出られない事もあります
info@asian-relax.fukui.jp
24時間WEB予約   友だち追加