タグ別アーカイブ: 小腸

腸内細菌の可能性

最近私を含め私の周りでブームなのが『腸内細菌』です

腸内フローラ等と呼ばれる事もありますが、
この細菌達の持つ可能性が本当に大きいと感じます

腸内細菌の仕事は何も腸内環境を整える事だけでなく、免疫力や抗アレルギーにも一役かっているそうです
ホルモンの分泌にも影響しており、人との共生も行っています

面白いのが
腸内細菌が人の性格にも影響を及ぼしている可能性があるという事です

動物実験では腸内細菌の状況と脳内で起きる現象との間に、明らかな相関があることが示唆されているそうです

神経科学と解剖学を専門とするユニヴァーシティ・カレッジ・コークのジョン・F・クライアン教授によれば、
「ある種の腸内細菌は、精神状態によい影響を及ぼす可能性があります。
 ストレスに対して体が適切な反応をとるために、そうした細菌が必要なのです」
との事です

以下抜粋—————————
いくつかの研究では、そのような細菌を動物に投与すると、
不安やストレスへの対応力が向上することがわかったといいます。
「細菌を投与された動物は落ち着きが増し、よりリラックスするようになりました。
 脳を調べたところ、広範囲にわたって変化が見られました」

クライアン教授によれば、マウスを使った研究では腸内細菌が行動にまで影響を与える場合があることがわかっている。
例えば、腸内細菌を全く持たないように繁殖させたマウスは、通常の腸内細菌をもつマウスと比べて非社会的な行動が多くなり、
ほかのマウスと過ごす時間が少なくなるという。

同様の影響は、動物の糞を別の個体に移植して腸内細菌を移す「糞便移植」を行ったケースでも見られている。
不安傾向の強いマウスに大胆な性格のマウスの糞便微生物を移植したところ、
移植されたマウスはより社交的な行動をとるようになったことが確認されたそうだ。
———————————–

との事

最近では腸内細菌移植という医療も始まっているとの事です
腸内環境にとどまらず、性格の改善なんかも見込まれます

そこでふと思ったのですが、腸内細菌が性格に影響を及ぼすとして
その逆はないのか?といった所です
精神的な気づきや変化が起こる事で腸内細菌にとっての環境が変わり
腸内細菌の勢力が変わりそれが食生活や身体の健康にも影響が出るかもしれません
心と身体の様に密接に関係していれば相互に影響しあってもおかしくないと思います
あくまで仮説ですが^^;

近代医学では何かあった時に抗生物質を投与するという治療の流れがありますが
感染防止には便利な反面腸内環境にも変化が起こってしまいます
結果的に健康な人がアレルギー体質になってしまう事もあるかもしれません

もしかしたらその逆に抗生物質でリセットしてからの腸内細菌投与で
花粉症やアレルギー反応が治る事もあるかもしれないですね
これも仮説ですが、腸内細菌を調べれば調べる程にその可能性が広がってくると思います

ちなみに人間の細胞が一般に60-70兆個と言われていますが、腸内細菌の数は100-1000兆個だそうです
サイズが違うにしても数としては人の細胞よりも多いって所がすごいです。。。
人の中には自分よりも自分以外の者の方が多いんですね^^;
重さにして1.5-2kg程あるそう
しかも大便の半分は腸内細菌かその死骸だそうです
腸内細菌恐るべしです^^;

今すぐ予約する
朝ヨガの予約はこちら↓↓
朝ヨガ予約する
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
タイ古式マッサージ、バリニーズアロマオイル、内臓デトックス・チネイザン、クラニオセイクラルセラピー、リフレクソロジー、タロット占い
asian relax WaiTea
アジアンリラックス ワイテァ
福井県鯖江市日の出町1-10
JR鯖江駅徒歩3分
0778-67-2098
出張中等で電話に出られない事もあります
info@asian-relax.fukui.jp
24時間WEB予約   友だち追加

食べ物の遷移(小腸編)

胃の次は『小腸』に入ります
小腸は『十二指腸』『空腸』『回腸』の3つの腸を総称して小腸と呼ばれ、
主に『消化・吸収』を行っている場所です。
※『十二指腸』を小腸に含めない場合もあるそうです。

胃である程度消化された食べ物は『幽門』を通り『十二指腸』に入ります。
『十二指腸』では消化酵素により消化をメインに行いますが、その際に胆嚢につながる胆管より胆汁(胆汁は肝臓で作られ総肝管より胆嚢に貯えられ濃縮される)が分泌され脂質を乳化させ、膵臓につながる膵管より膵液が分泌され消化と胃酸の中和を助けます。
胃酸は酸性ですが十二指腸の粘液はアルカリ性になっており、更に分泌される胆汁と膵液もアルカリ性なので、ここで胃から食べ物と一緒に降りてきた胃酸が中和されます。
膵液は消化力が強く三大栄養素(タンパク質、脂質、炭水化物)を全て消化できます。
分泌された胆汁酸のほとんどは『回腸』で再吸収され、肝臓に戻ります。
胆汁は消化こそ行いませんが、脂質を乳化させ消化酵素の働きを助け、脂肪の分解産物を吸収しやすい形に変化させてくれます。

十二指腸でより消化された食べ物は『空腸』に送られます。
『空腸』では大量の消化酵素により最終消化が行われ、そのまま『回腸』に送り込みます。内容物が比較的早く通過し、内部が空になっている事が多い為『空腸』と呼ばれるそうです。死体解剖の際も空っぽだったとか。
『空腸』と『回腸』には明確な境目がなく、大体胃の5分の2(※十二指腸を除く)が『空腸』で、残り5分の3が『回腸』だといわれています。

『空腸』より『回腸』に送られてきた養分はここで柔突起により吸収されますが、その際食べ物と一緒に飲み込まれた空気等の気体もここで吸収されます。
糖質とタンパク質は血管に吸収され『肝臓』に運ばれ、脂質は『リンパ管』に吸収されます。
『小腸』を抜けると次は『大腸』に入ります。

内容物が小腸を通過する時間は3~6時間と言われています。

『空腸』はおへその周辺により集まってますが、『回腸』は右下腹部辺り、両方とも全体的には身体の左寄りにあります。その為上行結腸(身体の右側を上る結腸)はむき出しになってますが、下降結腸(身体の左側を降りる結腸)は小腸に覆われています。

『小腸』は東洋では『腹脳』と呼ばれています。
小腸でも胃と同じ様に感情の消化を行っていて、消化しきれない感情があると小腸は異常な収縮をおこします。
過去ブログ『腸は第2の脳?』で書いたように腸は単に臓器と言うには物足りないくらいもっともっと何かを秘めている気がしますね。

経絡で言えば『小腸経』
『小腸経』が弱ると、大腿四頭筋、腹筋がゆるみやすいです。

五行で言えば『火』です。
臓は『心臓』、腑が『小腸』
+感情は『愛、喜び、尊敬』-感情は『憎悪、短期』
エネルギー質は『拡大、放射』
季節は『夏』
味は『苦味』
人体の滋養とするものは『血管、脈管系』
人体の入り込み、支配するものは『舌』
温度は『熱い』
作り出す液は『汗』
行き先は『顔色』
色は『赤』
生命機能は『暖かみ、活力、興奮』
血液との関係は『血を循環させる』
宿っている精神は『心』

次は『大腸』です

今すぐ予約する
朝ヨガの予約はこちら↓↓
朝ヨガ予約する
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
タイ古式マッサージ、バリニーズアロマオイル、内臓デトックス・チネイザン、クラニオセイクラルセラピー、リフレクソロジー、タロット占い
asian relax WaiTea
アジアンリラックス ワイテァ
福井県鯖江市日の出町1-10
JR鯖江駅徒歩3分
0778-67-2098
出張中等で電話に出られない事もあります
info@asian-relax.fukui.jp
24時間WEB予約   友だち追加