緊張性筋炎症候群(TMS)の考え方

緊張性筋炎症候群(TMS)という言葉を知っているでしょうか?
少し長いブログになりますが、出来るだけ最後まで読んでください

John E.Sarno(サーノ博士)が提唱した一般的な腰痛等の原因とは違った観点を持ったものです
一般的に腰痛とは脊柱とそれに関連した組織の損傷や異常、またはそういった組織の周辺にある筋肉や靭帯の異常(構造的異常)で起こると信じられていますが
実際はそれだと説明がつかない腰痛が多々存在しているのです

それに対してTMSは痛みの原因は心の問題と捉える事で今まで説明が出来なかった腰痛症を解決出来るようになったのです

“心の緊張が筋肉に痛みを伴う生理的な変化を与えている”

簡単に言えば、患者さんが自分の抱えている問題を自覚する事で腰痛が治るというのです
とは言ってもそれを自覚している人は少なく、自覚しようにも出来ないから問題なのです
その心の問題を治療者が身体を調べる事で見つけ出します
何故身体を調べる事で見つけれるかというと
心の問題が症状として身体に現れるからです

どういった部分に症状がでるか
①筋肉
腰から臀部、首と肩、背中それぞれの箇所に痛みを感じる
どの場合も「両臀部外側または全体」「腰のくびれ部分」「上部僧帽筋(肩上部)」の三ヶ所に圧痛があります
②神経
座骨神経、腰神経、頸神経、腕神経叢等
③腱や靭帯

心の問題とは
・無意識下の劣等感や自己愛、抑圧された不安や怒り等です
内面に隠れた強い感情は表面に現れようとしますが、それを拒む心も存在しています
その心の防衛手段が身体に痛みを出す事です
身体に痛みがあれば感情への注意を逸らす事に成功します
内圧された感情が強ければ強いほどに痛みも強くなります
「上のように下も然り」と同じように、「内のように外も然り」とも言えそうですね
そして、痛みが起こる事で動きが制限され、制限していないとまた痛みが起こるのではないかという疑心も防衛手段の一つです
身体に症状が出れば心の奥に内在された恐怖や”嫌”な感情に直面しなくて済みます
稀に激しい感情が内在している時はそれに近づくとパニックに襲われる事もあるそうですが、大抵の場合は心が怒りや不安に対して過剰に反応しているだけで、そもそも防衛する必要がないそうです
そういった時は、感情に気づくだけで痛みは無くなります
ただ痛みがあるというだけじゃなく、何をしようとしたら痛むのか、どういった時に痛みが強いのか、そのせいで何が出来なくなっているのかを考えてみるのもいいかもしれませんね

では、どのように心の問題が身体に現れるかですが
まず順序立てていくと
1、自律神経の異常
自律神経が異常(今の所)を起こす事で患部への血流量を減らす
2、酸欠
血流量が減る事により酸素量も減り、痛みや痺れ、麻痺、筋力低下という症状が出る
といった感じになります
ただ、何故自律神経が異常を引き起こすのかがまだわかりません、いつも的確な判断を自動で行っている自律神経ですが、人にとって心の痛みよりも身体の痛みの方がマシという事なのでしょうか?
それとも別の何かしら理由があるのでしょうか?

こういった症状に対しての効果的対処法は
まず1番は自分自身で何が起きているのかを理解する事です、症状ではなく心の中で起こっていることです
それ以外にはマッサージ等の手技療法も一時的には有効です

問題はTMSの患者が自分がTMSだと認めにくい事
何しろ、痛みや何かしら不快な症状が出ている身体には全く問題はなく、一見何の問題も無いと思っていた心の方に問題があると言われてもピンときません
更に心が弱いと思われることやそれを認めることをそのプライドが邪魔をします
よくよく考えてみれば当てはまる事はいくらでも見つかりそうなものですが、特にTMSを発症する方は責任感の強い方も多く、強くなくてはいけないと「べき思考」を持っている事が多いのです
それ故にサーノ博士はこの療法は”藁にもすがる思い”の人じゃないとなかなか受け入れられないと書いています
何をやってもダメだった、もう何でもいいから何とかしてくれって風にならないとなかなか実行出来ないそうです

そしてそういった患者が今の時代に大多数います
「自分が」「私が」という個人の主張を重視する世の中、皆んなでというよりも一人のヒーローに憧れる時代では個人の求める在り方に強い責任が伴ってくるのでしょう
プライドが強くなり、弱さを認める事が怖くなり
それが余計にTMSを発症させます

再度確認しますと、誰もが怒りと不安を発生させ、完全主義や脅迫観念傾向が強ければ強いほどそれは多くなります
誰もが持っているという事実の認識
そして身体ではなく心に目を向ける習慣を持つこと
当面の心配事、以前から頭を悩ませている家庭問題や経済的問題、苛立つ理由、その他にも心にしまいこんでいる全てに注意を向けましょう
目を向ければもう隠せません
身体の痛みというトラップが必要無くなってしまいます

他にも脳に直接話しかけるという手法もあります
「今この気持ちを我慢するつもりはない」と話しかけるのです
自分の脳を客観的に捉え、自分が主導権を持つといいです

痛みが消えるまでに2〜6週間程かかる事がほとんどですが、それは潜在意識の変化にはそれだけ時間を要するからです
潜在意識がコロコロ変わる様な事があったら人の行動ははちゃめちゃなものになっていまいます^^;

そして意識を変えたのなら次にやらなくてはいけない事があります
それは、元の様に身体を動かすことです
恐怖心を克服する必要があります
どんどん痛みが出ていた動きを行うことです
もうお分かりの様に痛みが出ていたのは身体に問題があったからではなく、心に問題があったからです
もう心の問題は取り払われました、身体には問題がないのです

あのスヌーピーが言っていました
「心の問題から気持ちをそらそうと思ったら、身体がちょっぴり痛むだけでいいんだ」
スヌーピーはどれ程までに心と身体の関係について理解していたのでしょう
彼はただの人気犬ではなく、プーさんと同じ様に偉大な哲学者だったんですね^^

もう一つ大切な事があります
これまで行ってきた、継続している身体に対する治療を一切やめる事
痛みの本来の場所が心だから身体でどうこうしようとしている時点で意識がズレている事になってしまいます
困った事になってしまいました、まさか自分を追い込む様な事を書いているなんて。。。
まぁ、あくまでTMSの場合です
身体の操作で痛みが取れる事が多々あります
ぶり返す事がない場合もあります
なのでここは一つの考え方として認識して貰えればと思いますが
TMS的には手術や薬はもちろんマッサージや鍼灸、理学療法等も不要という事です
不要な事を理解した上でリラックスや疲労回復、気分転換、健康維持目的であればいいかもしれないですね^^;

TMSかもしれない人は毎日確認してほしい項目があります
出来れば寝る前に以下の項目を声に出して読むといいかもしれないですね
・痛みは構造異常ではなくTMSのせいで起こる
・痛みの直接原因は軽い酸欠である
・TMSは抑圧された感情が引き起こす無害な状態である
・主犯たる感情は抑圧された怒りである
・TMSは感情から注意をそらすためだけに存在する
・背中も腰も正常なので何も恐れる事はない
・それゆえ身体を動かす事は危険ではない
・よって元の様に普通に身体を動かさなくてはならない
・痛みを気に病んだり怯えたりしない
・注意を痛みから感情の問題に移す
・自分を管理するのは潜在意識ではなく自分自身である
・常に身体ではなく心に注目して考えなければならない
この毎日の潜在意識への刷り込みを2〜6習慣続けるといいです

例えヘルニアがあろうが、痛みの原因は心です、
ヘルニアがきっかけになっているだけでそれ自体が問題そのものではありません
※追跡調査によりCTスキャンで椎間板ヘルニアと認められた患者の内88%(96人)が痛みが無くなり10%が痛みの軽減を自覚し、変化が無かったのはわずか2%だけだったという

狭窄症だろうが側湾症だろうが関係ありません
そして今までの生活を変える必要もありません
ただ、心の中に何かに対する怒りがある事
それが何かを、怒っているという事実を認める事でいいのです

注意していただきたいのが
第二次疾病利得とは違うという事です
疾病利得とは病気や痛みを発する事で何かしら得を得る事により、無意識にその病気でいる事を求めるというものです
そういった傾向の人もいるにはいますが、利得を見るだけではTMSの原因となる抑圧された感情が無視される事になり、完全なる治癒にいたらない様です

今までの構造的異常で身体に問題が起こっていたと思われていた診断名であり、
必ずしもそれが原因で問題が発生していたわけではないものの例
・椎間板ヘルニア
・脊柱管狭窄症
・神経根圧迫
・ファセット(椎間関節)症候群
・脊椎関節炎
・腰仙移行椎
・脊椎分離症
・潜在性脊椎破裂(二分脊椎)
・脊椎滑り症 ※注1
・脊椎側弯症
・変形性股関節症
・軟骨軟化症(変形性膝関節症)
・踵骨棘
・繊維筋痛(慢性の痛み、抑うつ状態、睡眠障害、朝のこわばり)
・滑液包炎
・腱炎
・尾骨痛
・神経腫(モートン病)
・足底筋膜炎
・多発性単神経炎
・顎関節症候群
・炎症(実際に怪我や病気等があった場合を除く)

※注1
腰痛患者と健常者のX線写真を比較する事で腰痛患者に脊椎異常が多く見られるならそれが痛みの原因だろうというリサーチ結果
両者の変形性脊椎症、腰仙移行椎、潜在性脊椎破裂、脊椎分離症の検出に差異は認められなかった
ただし、脊椎滑り症に関してはわずかな有意差が認められた為、それを例外としてそれらの脊椎異常が腰痛の原因にはなりえないという結果が出た

長くなりましたが以上の様にTMSというお医者さんやセラピスト泣かせの理論も世の中に存在していて
それで良くなっている人がたくさんいるのも事実です
私たちセラピストが求める利得とは
「生活する為のお金を頂く事」である前に「目の前の人が”あらゆる面で健康”である事を望むこと」です
※個人的な意見なので他のセラピストは知らないです^^;
自分に不利な情報だろうと、それで誰かが健康になる助けになるのであれば
それはそれで良しと思えばいいですね^^

恐らくこのTMSは色んな方に受け入れられにくい理論かとは思いますが
私には納得できる理論でしたので紹介しました^^

今すぐ予約する
朝ヨガの予約はこちら↓↓
朝ヨガ予約する
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
タイ古式マッサージ、バリニーズアロマオイル、内臓デトックス・チネイザン、クラニオセイクラルセラピー、リフレクソロジー、タロット占い
asian relax WaiTea
アジアンリラックス ワイテァ
福井県鯖江市日の出町1-10
JR鯖江駅徒歩3分
0778-67-2098
出張中等で電話に出られない事もあります
info@asian-relax.fukui.jp
24時間WEB予約   友だち追加


コメントを残す