祈りの力

このタイトルを見るともしかしたら”宗教的”であったり、”非科学的”であったりと想像されるかもしれません
でも、普段から誰しもが”祈り”に似た行為を行っています

何かこの先心配事があったりすると
「上手くいきますように」
「無事に受かりますように」
「何事も起こりませんように」

または失敗に対して
「バレませんように」
「怒られませんように」
等と心に思い浮かべます

という事で人は日常的に祈りを行っています
その祈りって言ってるだけでしょうか?
それとも本気でしょうか??

きっと本気だと思います
結局の所、人は科学には頼りきれず
未だに非科学的な部分への可能性に期待をしているんです

ところが、その”非科学的”な部分への可能性、
祈りに関しての可能性は間違ってはいないという事が判明されています
“非科学的”というのは「”まだ”科学では証明する手段がない」という段階の事も含みます

どういった理由でどのように力が働いてという具体的な中身が伴わなければ証明にはなりません
しかし、実験は行えるわけです
理由もわからないし、どういうエネルギーが動いているのかもわからないけれど
計測したら結果が出るんです
ただ、今はまだその中身を測定出来ないだけです

有名になりつつある実験ですが
元カリフォルニア大学
心臓学教授ランドルフ・ビルド博士は、
心臓病の入院患者393人に対して厳密な実験を行い、
『祈り』には大変な治癒効果があることを証明しています

詳細は調べてください^^
ここではざっくりとした説明をしますと

まず、病院の同じ症状の患者さんを集めます
次にコンピュータによりランダムに患者さんが2分されます
・祈られる方
・何もしない方
※継続的な治療はどちらも行っており、違いは祈られるかどうかだけです

祈る人は全国の教会で募集した方達で
患者さんの名前と症状だけを教えられ
毎日祈る様に指示されました

患者さんはおろか、医者も誰が祈られているかはわからない状況です

その結果
他人に祈られた患者は、祈られなかった患者より
人工呼吸器、抗生物質、透析の使用率が少ない事が明確にわかったのです
しかも何度行っても同じ結果になるそうです

これってそういう事じゃないでしょうか^^;

祈りの種類で特に効果があるのは
明確な目的を持った祈り(どこどこがどう良くなりますように…等)よりも、
「全てお任せします」といった様な信頼した祈りの方が効果的だそうです
祈りに距離は関係なく、どこからの祈りも届き
より重症になればなる程祈りも効きやすいそうです
後は、祈る人は普段から祈りを行っている人の方が効果は出やすく
祈れば祈るほどに結果にも現れるそうです
普段から人の事を思っている人は無意識に人を癒す力も得ているかもしれないですね^^

という事で、みなさん祈りましょう^^
子供の為に、被災した方達の為に、自分よりも苦しんでいる人たちの為に
直接何か出来なくても、祈る事なら誰にでも出来ます
その方達の事を頭に思い浮かべ
全てを天にお任せする様に、最良の結果になりますように

今すぐ予約する
朝ヨガの予約はこちら↓↓
朝ヨガ予約する
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
タイ古式マッサージ、バリニーズアロマオイル、内臓デトックス・チネイザン、クラニオセイクラルセラピー、リフレクソロジー、タロット占い
asian relax WaiTea
アジアンリラックス ワイテァ
福井県鯖江市日の出町1-10
JR鯖江駅徒歩3分
0778-67-2098
出張中等で電話に出られない事もあります
info@asian-relax.fukui.jp
24時間WEB予約   友だち追加

[`evernote` not found]
[`livedoor` not found]
[`yahoo` not found]
[`nifty` not found]
[`fc2` not found]

コメントを残す