カテゴリー別アーカイブ: 人体について

とある少年のお話し、、、病気って何?

病気に関してですが、こんな事例があります

まだ6歳のT君という少年のお話しですが、
T君は見た目はごく普通の少年ですが、実は多重人格症にかかっていました
彼は10人以上の人格を持っており、
それぞれの人格に寄り感情のパターンや声の調子、好き嫌いが変わっていくのです。

変わるのは人格だけではありません
身体もそれに伴い大きく変化するのです

ある糖尿病の人格が現れた場合、インスリンの量は不足し
他の人格に変わった瞬間に糖尿病はぴたりと治ります
インスリンも正常値に戻るのです
また、高血圧の人格も別の人格に変われば血圧は低くなります
皮膚に出来たイボも人格がかわれば消失し、ただれまでもが消えてしまうのです。
その他にも1つの人格はオレンジジュースのアレルギー反応があり、飲むと蕁麻疹が出てきます
通常の状態でオレンジジュースを飲んでも平気ですが、飲んでいる間、または飲んで消化を行っている間にアレルギー持ちの人格が出て来ると途端に蕁麻疹が出てきます
さらに、蕁麻疹が出ている時に元の人格に戻った場合は、即座に蕁麻疹のかゆみは消え、水膨れも無くなっていきます

多重人格に関する資料では、脳波のパターンが急に変わったり、目の色が青から茶色に変わったり、月経周期が変わってしまう女性もいるそうです

これを読むと、ちょっと待って!!
病気って何?って思います
食べ物は?環境は?ストレスは?
人格によって何かしらの構造パターンが変わって、それが何かの因果を生み、エネルギーの流れを変えて症状を引き寄せているという事?
病気までもがその”人格”のアイデンティティというだけで、本質的に人の”身体”は病気にはならないのでは
食べ物や環境等は人格へ影響を与えているだけで、それそのものが身体に影響を与えているわけではない??

じゃあ、病気の人が劇的に人格が変わる様な事が起これば
その瞬間に病気が消失する事もあるって事になる(もちろん新しい人格にその病気が不要ならという前提で)
例え人格が変わらないにせよ、このエネルギーの流れを組み替える事が出来れば病気は一瞬で消せるかもしれない

世の中の心霊治療やヒーリングで劇的に効果が表れる人は、もしかしたらこの量子レベルの構造が何かしらの力で変化したという事かもしれない

問題は何故”人格”に病気が付きまとうかになる
その人格にとって必要な事だから??
もし人格に必要と仮定して話しを進めると、人格は何故病気を必要としているのか
学ぶため?何かを伝える為?医学を発達させる為?
T君の様に何かしら考えさせるきっかけを与える為??
やっぱり考えてもわからない
でも、一つわかる事がある
身体が人格にとって都合が良い乗り物だって事
病気をいつでも顕現出来ていつでも治す事が出来る
そして人格は身体がなくなった後も存在し続ける事が出来るという事
じゃないと病気を経験する理由がわからない
病気は身体に、じゃなく人格(魂の一部)に仕組まれてきたもの
または、人格が形成していくものなのかもしれないですね
っと言い切るにはどこまでの症状が変化されるのか等もっと症例が必要だと思いますが
※あくまで個人的感想です

今すぐ予約する
朝ヨガの予約はこちら↓↓
朝ヨガ予約する
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
タイ古式マッサージ、バリニーズアロマオイル、内臓デトックス・チネイザン、クラニオセイクラルセラピー、リフレクソロジー、タロット占い
asian relax WaiTea
アジアンリラックス ワイテァ
福井県鯖江市日の出町1-10
JR鯖江駅徒歩3分
0778-67-2098
出張中等で電話に出られない事もあります
info@asian-relax.fukui.jp
24時間WEB予約   友だち追加

アイシングは不要

よく怪我をしたり運動後にはアイシングをするといいって言いますが
これって前から疑問だったんです

回復を早めるんだったら、血流を良くするために温めた方がいいんじゃないかなって
栄養を運ぶのは血液だし、
免疫細胞も冷えていると活動しにくいはずだから、ダメージを受けた細胞を入れ替えるにも
温めた方が効果的なんじゃないかなって

で、昔知り合いのセラピストに聞いたことがあるのですが、
その時に教えてもらったのが
「二次的低酸素障害」というもの

例えば炎症が起こった場所の細胞は栄養や酸素の獲得経路を失い直接ダメ―ジを受けていなくても
死んでしまう可能性があり
そうならない為に冷やしてあげる事で一時的に細胞を非活性状態にし、必要な栄養素の量を減らすといったもの

なるほどなーっと思ってはいたものの
いやしかし、それだと治りが遅いのでは?
冷やした状態で炎症部の修復はどうやって行われるのだろうと別の疑問が生まれていました

ところが、今回ある人の記事を読み
今の先端医学では「アイシングは不要」と書いてあるのを見てビビッときました

今は
痛みをごまかすにはアイシングは有効なのかな?程度で
基本的には動かし温める事が主流だそうです

関節などは一部アイシングが効果を出す事もあるそうですが、
基本的には不要だそうです

覚えておきましょうね^^

今すぐ予約する
朝ヨガの予約はこちら↓↓
朝ヨガ予約する
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
タイ古式マッサージ、バリニーズアロマオイル、内臓デトックス・チネイザン、クラニオセイクラルセラピー、リフレクソロジー、タロット占い
asian relax WaiTea
アジアンリラックス ワイテァ
福井県鯖江市日の出町1-10
JR鯖江駅徒歩3分
0778-67-2098
出張中等で電話に出られない事もあります
info@asian-relax.fukui.jp
24時間WEB予約   友だち追加

病気と闘うな

病気と闘ってはいけない
基本的に病気とは自己の間違った在り方が表面化したに過ぎません
※まれに例外もあります

病気と闘うという事は、間違った自己の在り方に気付こうとせず、無視し続ける事になります
無視をすれば当然原因を放置する事になり
病気はより強力に気付かせようと症状が重くなります

病気になったらまず受け入れ、何が問題だったのか?どういう風に在れば良いのかを考え改善する事で病気は癒えます
(病気と闘った人よりも病気を受け入れた人の方が治癒する傾向にあるそうです)

また、たった1人でも奇跡の様な治癒が起こったとすれば、それは万人にも起こり得るという事です
何故なら皆体の中にまったく同じ装置と同じ回路を持っているからです
後は治癒が働くスイッチが入るか入らないかだけです

病気はガイドに過ぎず
車でいうガソリンランプの様なものです

ガソリンランプがついたらそれを破壊したり電源コードをちぎって消灯させたとしてもガソリンは無くなっていく一方です
放置していてもガソリンは増えません
でも、ガソリンを入れてあげるだけでランプは消灯するものです
そういう仕組みなんです

病気になった時はまず自分を疑ってみてください
改善できる所はないだろうか?
もっとやらなきゃいけない事はないだろうか?
やり過ぎていた事はないだろうか?
誰かに迷惑をかけていないだろうか??
思い当たる事があればまず改善する努力をしてみましょう

後は病気の症状がそれが正しいかどうかを教えてくれます

今すぐ予約する
朝ヨガの予約はこちら↓↓
朝ヨガ予約する
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
タイ古式マッサージ、バリニーズアロマオイル、内臓デトックス・チネイザン、クラニオセイクラルセラピー、リフレクソロジー、タロット占い
asian relax WaiTea
アジアンリラックス ワイテァ
福井県鯖江市日の出町1-10
JR鯖江駅徒歩3分
0778-67-2098
出張中等で電話に出られない事もあります
info@asian-relax.fukui.jp
24時間WEB予約   友だち追加

足の痺れが頭で取れた

先日両ももの外側から膝にかけて若干痺れの様な違和感を感じていました
何か嫌な感じ、と思っていましたが、足を動かしても腰を動かしても変化の兆しを見せませんでした

そんな時にシャワーを浴びて頭を洗っている時に、何かしらいつもよりも頭の感覚がぼやけてるなって感じがしました
シャンプーしてる時、もっと気持ちよかったような、刺激をしっかり感じれていたはずなのにあまり感じませんでした

そしてシャワーから上がり椅子に座り、テーブルに肘を載せて両側頭部(鱗状縫合)に指を添え頭頂骨を軽く引き上げてみると
なんとすごく心地よく、頭の感覚が戻ってきました
頭の感覚が戻って良かったと思っていたら、次立った時に気が付きました

足の違和感も取れている、、、

側頭骨と腸骨は関連し合っていると言われていますが、
側頭骨の歪みが腸骨を歪め、大腿部外側に違和感を出していたのかもしれません

これは面白い発見というか体験をしたなと思いました

そしてもしかしたら坐骨神経痛も同じように頭部からの調整、または頸部や足首からの調整で良くなるかもしれないと可能性が沸いてきました

という事で最近初めて坐骨神経痛らしきものを感じていたのでやってみました
調整したのはかかと内側部です
内果の裏っかわに圧痛点があったのでそこら辺を調整してみたら圧痛点が消えました
立ってみたらなんと坐骨神経痛らしきものもなくなりました

これはまたまた面白い発見でした

他にも何かしら症状起こらないかなって期待して待ってます^^

今すぐ予約する
朝ヨガの予約はこちら↓↓
朝ヨガ予約する
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
タイ古式マッサージ、バリニーズアロマオイル、内臓デトックス・チネイザン、クラニオセイクラルセラピー、リフレクソロジー、タロット占い
asian relax WaiTea
アジアンリラックス ワイテァ
福井県鯖江市日の出町1-10
JR鯖江駅徒歩3分
0778-67-2098
出張中等で電話に出られない事もあります
info@asian-relax.fukui.jp
24時間WEB予約   友だち追加

熱中症対策

もう梅雨明けした所もあるようですが
熱中症には気を付けてください

毎年毎年同じように注意喚起を行っていますが
自分は大丈夫という過信が危険です
※絶対大丈夫って笑ってる人は大丈夫かもしれないですが^^;

熱中症の時には水だけを飲んでもダメです
脱水時には水分と一緒に体内の塩分も排出されます
この状態で水だけを飲んでしまうとどうなるか
体内の塩分濃度が薄まり、身体はそれを調整する為に自発的脱水という事が起こします
そうなると結局摂取した水分は排泄されてしまい症状が改善されません
水分補給

そうならない為に夏場発汗後に水分を取る時は適度に塩分も補給する必要があります

目安は1リットルの水に対して2グラム(ティースプーンで半分くらいです)
ちなみに腸管内にブドウ糖があると塩分吸収がスムーズになるので、糖分も少し摂っておくといいですね

熱中症の症状と処置
・「筋肉痛」「手足のこむら返り」「筋肉のけいれん」の症状が出たら生理食塩水を補給しましょう
・「めまい」「倦怠感」「嘔吐」「悪心」「頭痛」の症状が出たら経口補水液(薬局とかに売ってます)を摂取しましょう
・「高熱」「意識障害」「ふらつき」「言語障害」の症状が出たら慌てず迷わず救急車を呼びましょう

まだまだこれからが夏本番です
暑さに負けないように!冷房の寒さに負けないように
季節を乗り切っていきましょう!!^^

今すぐ予約する
朝ヨガの予約はこちら↓↓
朝ヨガ予約する
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
タイ古式マッサージ、バリニーズアロマオイル、内臓デトックス・チネイザン、クラニオセイクラルセラピー、リフレクソロジー、タロット占い
asian relax WaiTea
アジアンリラックス ワイテァ
福井県鯖江市日の出町1-10
JR鯖江駅徒歩3分
0778-67-2098
出張中等で電話に出られない事もあります
info@asian-relax.fukui.jp
24時間WEB予約   友だち追加

腸内細菌の可能性

最近私を含め私の周りでブームなのが『腸内細菌』です

腸内フローラ等と呼ばれる事もありますが、
この細菌達の持つ可能性が本当に大きいと感じます

腸内細菌の仕事は何も腸内環境を整える事だけでなく、免疫力や抗アレルギーにも一役かっているそうです
ホルモンの分泌にも影響しており、人との共生も行っています

面白いのが
腸内細菌が人の性格にも影響を及ぼしている可能性があるという事です

動物実験では腸内細菌の状況と脳内で起きる現象との間に、明らかな相関があることが示唆されているそうです

神経科学と解剖学を専門とするユニヴァーシティ・カレッジ・コークのジョン・F・クライアン教授によれば、
「ある種の腸内細菌は、精神状態によい影響を及ぼす可能性があります。
 ストレスに対して体が適切な反応をとるために、そうした細菌が必要なのです」
との事です

以下抜粋—————————
いくつかの研究では、そのような細菌を動物に投与すると、
不安やストレスへの対応力が向上することがわかったといいます。
「細菌を投与された動物は落ち着きが増し、よりリラックスするようになりました。
 脳を調べたところ、広範囲にわたって変化が見られました」

クライアン教授によれば、マウスを使った研究では腸内細菌が行動にまで影響を与える場合があることがわかっている。
例えば、腸内細菌を全く持たないように繁殖させたマウスは、通常の腸内細菌をもつマウスと比べて非社会的な行動が多くなり、
ほかのマウスと過ごす時間が少なくなるという。

同様の影響は、動物の糞を別の個体に移植して腸内細菌を移す「糞便移植」を行ったケースでも見られている。
不安傾向の強いマウスに大胆な性格のマウスの糞便微生物を移植したところ、
移植されたマウスはより社交的な行動をとるようになったことが確認されたそうだ。
———————————–

との事

最近では腸内細菌移植という医療も始まっているとの事です
腸内環境にとどまらず、性格の改善なんかも見込まれます

そこでふと思ったのですが、腸内細菌が性格に影響を及ぼすとして
その逆はないのか?といった所です
精神的な気づきや変化が起こる事で腸内細菌にとっての環境が変わり
腸内細菌の勢力が変わりそれが食生活や身体の健康にも影響が出るかもしれません
心と身体の様に密接に関係していれば相互に影響しあってもおかしくないと思います
あくまで仮説ですが^^;

近代医学では何かあった時に抗生物質を投与するという治療の流れがありますが
感染防止には便利な反面腸内環境にも変化が起こってしまいます
結果的に健康な人がアレルギー体質になってしまう事もあるかもしれません

もしかしたらその逆に抗生物質でリセットしてからの腸内細菌投与で
花粉症やアレルギー反応が治る事もあるかもしれないですね
これも仮説ですが、腸内細菌を調べれば調べる程にその可能性が広がってくると思います

ちなみに人間の細胞が一般に60-70兆個と言われていますが、腸内細菌の数は100-1000兆個だそうです
サイズが違うにしても数としては人の細胞よりも多いって所がすごいです。。。
人の中には自分よりも自分以外の者の方が多いんですね^^;
重さにして1.5-2kg程あるそう
しかも大便の半分は腸内細菌かその死骸だそうです
腸内細菌恐るべしです^^;

今すぐ予約する
朝ヨガの予約はこちら↓↓
朝ヨガ予約する
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
タイ古式マッサージ、バリニーズアロマオイル、内臓デトックス・チネイザン、クラニオセイクラルセラピー、リフレクソロジー、タロット占い
asian relax WaiTea
アジアンリラックス ワイテァ
福井県鯖江市日の出町1-10
JR鯖江駅徒歩3分
0778-67-2098
出張中等で電話に出られない事もあります
info@asian-relax.fukui.jp
24時間WEB予約   友だち追加

あくびの効果

整体のテクニックと言うか人の身体の特徴として
息を吸いきって吐く時に体は緩み、逆に吐ききって吸う時に体は緊張します

それを利用して、緊張を与えながら息を吸いきり、吐く瞬間に緊張を緩めるというテクニックがあります

そしてふと思ったのですが、あくびって息を思いっきり吸いながら背伸びや身体を緊張させる動きをして、
はぁ~っと一気に脱力しますが
これって自分で自分の身体を調整してるって事になるんじゃないかなって?
ゆっくり休める様に、緊張した箇所を弛緩させる為の本能的動作なのではないかと思います

何か緊張する場面にいった時もよくあくびが出るのは、身体の緊張を取ろうと勝手に身体が反応しているのではないでしょうか??

逆に驚いた時なんかは「はっ」と息を急激に吸い込みます
これは身体を外的刺激から守る為に緊張させる働きがあるんだと思います

つまり、あくびが出るという事は身体のどこかに緊張があったという事で
あくびをよくする人はうまい事緊張を和らげる事が出来ているのかもしれません

どこでもかんでもあくびが出来る訳ではありませんが、
ちょっと疲れを感じた時なんかには思い切ってあくびをするのも大切な事かもしれないですね^^

今すぐ予約する
朝ヨガの予約はこちら↓↓
朝ヨガ予約する
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
タイ古式マッサージ、バリニーズアロマオイル、内臓デトックス・チネイザン、クラニオセイクラルセラピー、リフレクソロジー、タロット占い
asian relax WaiTea
アジアンリラックス ワイテァ
福井県鯖江市日の出町1-10
JR鯖江駅徒歩3分
0778-67-2098
出張中等で電話に出られない事もあります
info@asian-relax.fukui.jp
24時間WEB予約   友だち追加